/

グーグルスマホ日本初上陸 対iPhoneへAI強化

「Pixel3(ピクセル3)」11月1日発売

米グーグルの日本法人は10日、自社開発の新型スマートフォン(スマホ)「Pixel(ピクセル)」を日本市場に投入すると発表した。直販サイトで同日から予約受け付けを始め、11月1日に発売する。独自の人工知能(AI)でカメラ機能を強化し、国内市場で5割近いシェアを持つ米アップルの「iPhone」に対抗する。

米グーグルを巡っては8日に最大50万人の情報が流出した恐れがあることが判明した。スマホは同社のデータ戦略の中核機器としており、情報管理対策も注目される。

5.5インチの有機ELパネルを搭載した「Pixel3(ピクセル3)」と、6.3インチの「Pixel3XL(ピクセル3XL)」を発表した。NTTドコモソフトバンクからも販売する。直販価格はピクセル3が9万5000円から。ピクセル3XLは11万9000円から。

ピクセルシリーズは米国などで2016年に発売されたが、日本では初めてとなる。グーグルが従来展開していたスマホ「Nexus(ネクサス)」が端末メーカー大手との共同開発だったのに対し、ピクセルはグーグルが独自開発している。

AIによる被写体認識が特徴で、例えば集合写真を撮る際に全員が笑顔のタイミングをとらえて撮影できる。画像補正機能を使って高画質のズームもできる。

調査会社のIDCジャパン(東京・千代田)によれば、17年の国内スマホシェアはアップルが47.5%で首位。グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホは高価格帯市場で苦戦しており、グーグルはピクセルの投入で巻き返す考えだ。

米グーグルが発表した新型スマホ「ピクセル3」(右)と「ピクセル3XL」(10日、東京都渋谷区)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン