2018年12月19日(水)

須藤本家、ビンテージ日本酒をシンガポールで販売

北関東・信越
2018/10/9 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

老舗酒造の須藤本家(茨城県笠間市)は長期熟成した日本酒のビンテージ物を発売する。シンガポール高島屋の25周年で開催中のフェアで25年熟成した純米大吟醸「花薫光(かくんこう)1993」(720ミリリットル)の販売を始めた。価格は3万8千シンガポールドル(約310万円)で、フェア期間中の14日まで3本の予約を受け付ける。

ビンテージ日本酒は熟成を重ねると酸化が進むことから精緻な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報