五郎島金時のご当地ポッキー刷新 江崎グリコ、素材の味強調

2018/10/9 19:48
保存
共有
印刷
その他

江崎グリコは9日、石川県伝統の加賀野菜のサツマイモ「五郎島金時」を使ったご当地ポッキーを刷新した。チョコレート部分に使うサツマイモの素材のうまみをより感じられるようにした。金沢駅の土産物店のほか、訪日外国人(インバウンド)向けに空港の免税店などでも販売する。

五郎島金時のポッキーは2017年1月に発売。今回はポッキーに使うチョコレートの比率を高めたほか、油脂を替えることで五郎島金時の味を強調し新たな需要を喚起する。オープン価格だが1箱15本入りで税別800円前後を想定する。

同社によると7種類展開するご当地ポッキーの中で五郎島金時のポッキーが最も売り上げが多い。金沢駅内の物販店「おみやげ処金沢」の17年度の売り上げでナショナルブランド(NB=全国展開するメーカー品)部門1位に輝くなど土産物として高い支持を得ている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]