/

路面電車の岡山駅乗り入れ、23年度供用開始

市がスケジュール案 東口広場も整備

岡山市の大森雅夫市長は9日の記者会見で、岡山電気軌道(岡山市)が運行する路面電車のJR岡山駅東口広場への乗り入れを巡り、2023年度の供用開始をめざすスケジュール案を決めたと発表した。乗り入れのための都市計画決定や法手続き、工事と並行して広場の整備を進めて、22年度末までをメドに完成させる方針だ。

JR岡山駅東口広場の整備に際しては年度内にデザイン案をまとめる(岡山市)

広場の整備に際して市がデザインを公募し、6社が応募した。概算工事費は20億~30億円とする案が多く、100億~150億円と見積もった案もあった。今後は11月上旬までに市民からの意見募集や有識者検討会などを実施。11月中旬にデザイナーを決定し、年度内にデザイン案をまとめる。広場整備は20年度下半期、乗り入れについては21年度の着工を予定する。

大森市長はデザイン案に関して「岡山の玄関口としてのにぎわいが必要だし、岡山らしさが不可欠だ」と強調。22年度末までをメドとした完成時期については「できれば前倒しさせたい」との考えを示した。

現在、路面電車の岡山駅前電停は岡山駅の駅舎から100メートル以上離れており、2つの横断歩道を渡るか地下道を経由する必要がある。乗り入れに伴う東口広場の整備を巡っては、一般車乗降場とタクシー乗降場を入れ替えるレイアウト案が5月に確定している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン