2018年12月19日(水)

EV電池、脱コバルト パナソニックなど中国勢に対抗

自動車・機械
関西
2018/10/10 6:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内電池メーカーが相次いで電気自動車(EV)用向けに、希少金属のコバルトを極力使わない電池を開発する。中国企業の「爆買い」で争奪戦が激しく、価格が2年で3倍近くに高騰したためだ。パナソニックはまず3年以内に、電池のコバルト使用量を半減させ、将来はゼロを目指す。基幹部品である電池のコストを削減できれば、EVの普及に弾みがつきそうだ。

EVの生産コストのうち、リチウムイオン電池は3~4割を占める。電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報