2018年10月16日(火)

10/16 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 強気すぎたファンド勢 相場の不安定化招く[有料会員限定]
  2. 2位: TKP社長、大塚家具へ追加出資を否定 「事業提携で支援」[有料会員限定]
  3. 3位: アップル株高にもうひとつの理由 借金巧者に高評価[有料会員限定]
  4. 4位: 孫氏を経団連会長に(大機小機)
  5. 5位: 東証大引け 反発で高値引け 短期戻り狙いの買い

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

業績ニュース

「PBR1倍割れは割安」本当?
通説を疑え(4)

2018/10/10 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株価が1株当たりの純資産(資本金など)の何倍かを示す指標が株価純資産倍率、PBRだ。1倍未満だと企業が仮に解散したら、株主に株価を上回る資産、つまり“おつり"が返ってくる計算になる。だから「PBR1倍割れはお買い得株」というのが市場の通説だが、本当だろうか。

新日鉄住金、ホンダ、三井物産。PBR1倍割れには日本を代表する企業も多い。その中でも特に目立つのが銀行だ。

東証業種別指数(銀行業)採用8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

通説を疑え

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム