/

この記事は会員限定です

東急、たまプラーザのマンションをまちの交流拠点に

[有料会員限定]

マンションをまちの交流拠点に――。東京急行電鉄は9日、横浜市北部の中心地、たまプラーザ駅(横浜市)前で完成したマンションを報道陣に公開した。住戸と商業の複合型で、住民参加型のイベントを積極的に開催するテナントを誘致したことが特徴だ。マンション建設が進む都心では地域交流が課題となっている。たまプラーザの取り組みに注目が集まりそうだ。

完成したのは東急の分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」。たまプラーザ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン