/

この記事は会員限定です

丸紅・国分社長「今からの石炭火力もうからない」

[有料会員限定]

環境配慮などを重視した「ESG投資」が世界的な風潮となるなか、丸紅は新規の石炭火力発電所の開発から撤退する。同社は総合商社で最大の1200万キロワット分の発電事業を展開する。2030年までに、現在持つ石炭火力の持ち分も半減させる予定だ。国分文也社長に狙いを尋ねた。

――なぜ今回の方針を出したのでしょうか。

「再生可能エネルギーの分野でイノベーションが起きている。これまでは簡単に既存電源にとって代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン