2019年9月22日(日)

ロボット「ペッパー」、介護施設で活用へ実験

2018/10/9 22:00
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクなどはヒト型ロボット「ペッパー」用にシステム開発のロゴス(長野市)が開発したリハビリアプリを活用し、介護施設へのペッパー導入に向けた実証実験を始めた。認知症の予防・ケアのほか、夜間の定期巡回をペッパーができるかを検証する。ロゴスの若林秀幸社長は「全国のリハビリ施設での導入につながってほしい」と期待を示した。

人手不足に悩む介護施設の課題解決策としても期待されている

活用するアプリはロゴスが7月に発売した「まいにちロボリハ」。ペッパーがクイズを出したり腕を動かす訓練を指示したりすることで、認知症予防や運動機能の改善などを手助けする。

実証実験に参加するのはソフトバンクと傘下のソフトバンクロボティクス(東京・港)、ユニマットリタイアメント・コミュニティ(東京・港)の3社。ユニマットが運営する関東圏など6カ所の介護施設で実施。実験の結果を踏まえ、全国300カ所の運営施設への導入を検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。