2018年10月22日(月)

独SAP日本法人、AI導入を支援 ベンチャー提携

エレクトロニクス
2018/10/9 16:45
保存
共有
印刷
その他

ソフトウエア大手の独SAPの日本法人SAPジャパン(東京・千代田)と人工知能(AI)ベンチャーのABEJA(アベジャ、東京・港)は9日、AIの分野で協業すると発表した。両社が持つ技術を連携することで、業務で生まれる多様なデータを組み合わせ、高度な分析を可能にする。企業のAI導入・活用を支援する。

SAPは、AI、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」、ブロックチェーンなどの技術を統合したシステム基盤「レオナルド」を用意する。アベジャは小売店の動線分析、製造現場での検品作業など向けに自社開発のディープラーニング(深層学習)技術によるサービスを提供する。

SAPのレオナルド、アベジャのAI基盤を連携させる。企業はこうした環境を利用し、業務システムのデータ、それ以外で発生する動画、画像、音声、位置情報などのデータを組み合わせて分析できる。

例えば、統合基幹業務システム(ERP)に蓄積した設備の稼働状況などのデータに多様な情報を結びつけられる。ドローンの検査データ、音声情報、環境情報などをつなげられる。予防保全の精度を高められるほか、在庫・入出庫の傾向、売り上げ、従業員の位置、カメラの映像などを多面的に解析できる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報