Bダッシュキャンプ、エアロネクストが優勝

2018/10/9 14:45
保存
共有
印刷
その他

ベンチャーキャピタル(VC)のBダッシュベンチャーズ(東京・港)は、起業家イベント「Bダッシュキャンプ」を3~5日に福岡市で開いた。スタートアップのプレゼン大会「ピッチアリーナ」ではカメラや積載物の揺れを大幅に抑えたドローンを開発したエアロネクスト(同・渋谷)が優勝した。

優勝したエアロネクストの田路圭輔社長(5日、福岡市)

優勝したエアロネクストの田路圭輔社長(5日、福岡市)

エアロネクストが開発したドローンはプロペラなど飛行部と、カメラなどを載せる搭載部を別のフレームにして、プロペラが揺れても、搭載物が連動して揺れることを抑えたのが特徴だ。上空からのカメラ撮影でブレが少なくなる。「耐風性と安全性、時間、速度といったドローンの課題を解決できる」と、エアロネクストの田路圭輔社長は語った。

サイトで7つの質問に答えるだけでカスタムメードのシャンプーを製造販売するスパーティ(同・渋谷)が準優勝した。

Bダッシュキャンプは13回目。3月開催の前回のプレゼンで優勝した薬歴管理サービスのカケハシ(同・中央)は5月に9億円の資金を調達。8000店舗を超える薬局からサービスの引き合いが入っているという。

同キャンプは起業家やキャピタリストなど約700人が参加。プレゼン大会以外に、ブロックチェーン(分散型台帳)やVチューバ-など最新のネット産業の動向について議論が繰り広げられた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]