/

この記事は会員限定です

ライブドア残党、奇跡の「トップジャック」

[有料会員限定]

「君は明日から六本木ヒルズに行ってくれ」「え? それってまさか……、ライブドアですか」

2006年10月。米経営コンサルティング会社、アリックスパートナーズの高岳史典は上司の指示にあぜんとした。高岳は経営不振だった日本航空の再建を担当していたが、上司はライブドアに行けという。そのミッションは再建ではなかった。

ライブドアを訪れた「解体屋」

ライブドアはこの年、社長の堀江貴文らが逮捕され、上場も廃止。株を買い集めた複数の外資系ファンドが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ネット興亡記 第2部

21世紀に入りインターネットが我々の生活を変え始めた頃、スター経営者が誕生した。彼らの多くは「オールドエコノミー」の大人たちとの戦いの中で苦汁を飲まされた。だが、その挑戦は一度や二度の敗北では終わらない。「敗れざる者たち」の再起の物語を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン