2018年12月15日(土)

水害対策見直し急ぐ ため池廃止、危険地図改訂…

西日本豪雨
2018/10/9 11:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本豪雨で大きな被害を受けた自治体が水害対策の見直しを急いでいる。危険なため池を廃止・補強したり、誤りが判明したハザードマップを改訂したり。7月の被害を機に、事前の対策の不備や自治体職員の初歩的なミスが相次いで浮き彫りとなった。研究者は「次の災害に向け早急に見直し、専門家のチェックも受けるべきだ」と求める。(奥山美希)

広島県は9月中旬、西日本豪雨からの「復旧・復興プラン」を策定した。被災者の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報