/

この記事は会員限定です

ビッグデータの理想と現実(3) 大量データがITの発展促す

佐藤一郎 国立情報学研究所副所長

[有料会員限定]

利用可能な情報システムでは手に負えない大量または多様なデータをビッグデータとみると、これは古くから存在し、おそらく最古の事例は米国の1890年の国勢調査と思われます。その前の1880年の国勢調査は手作業のため集計に7年以上かかりました。そこで米国政府は集計時間を短縮化する方法を公募し、採用されたのが発明家ハーマン・ホレリスのパンチカードとその集計装置です。これによって集計は1年で終わったとされます...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン