2019年6月26日(水)

持続的成長へ「21世紀の条件」 ノーベル経済学賞2氏

コラム(経済・政治)
2018/10/9 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8日にノーベル経済学賞の受賞が決まった米エール大学のウィリアム・ノードハウス教授と米ニューヨーク大学のポール・ローマー教授は、世界経済が持続的に成長するための「21世紀型の条件」を示したと言える。ノードハウス氏は温暖化ガスの排出量を国内総生産(GDP)の伸び率とともに分析する手法を考案し、現在の気候変動をめぐる国際協調にも影響を与えている。一方のローマー氏は経済成長にとって知識が死活的な役割を果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報