2019年1月23日(水)

東証でシステム障害 野村、SMBC日興で売買遅延や一時停止

2018/10/9 11:30
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所は9日、株式売買システムで障害が発生したと発表した。野村証券やSMBC日興証券などで、売買が遅延したり、一部の注文ができなくなったりした。証券会社は正常なシステムに切り替える形で対応を進めている。

株式売買システム「アローヘッド」で7時30分ごろ、証券会社とつなぐ4つの専用システムのうち1つで接続ができなくなった。残りの3つは正常に稼働しており、東証はシステムを切り替えるように要請し、いくつかの証券会社では昼前後に復旧した。

SMBC日興は買い注文を一時停止していたが、11時過ぎに再開した。野村証券も注文受け付けを一時停止していたが、正午過ぎに再開した。みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などでも注文受け付けを一部停止したが、再開した。

【関連記事】
システム障害とは 取引の高速化が一因に

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報