2018年11月14日(水)

人民元基準値、1年5カ月ぶり元安水準
1ドル=6.9019元

中国・台湾
2018/10/9 10:41
保存
共有
印刷
その他

【上海=張勇祥】中国人民銀行(中央銀行)は9日、人民元取引の基準となる「基準値」を1ドル=6.9019元に設定した。2017年5月以来、1年5カ月ぶりの元安水準となる。7日に人民銀が金融緩和に踏み切ってから元安の流れが強まっており、市場では「1ドル=7元までの元安を当局が容認するかが焦点」(大手銀行)との見方が強まっている。

中国は元売り圧力が強まっていた8月に元安抑制措置を相次ぎ導入していた。相場形成への関与を改めて強めていただけに、最近の元下落は「当局の意図的なものか、少なくとも容認している」(地場証券)との見方が多い。

人民元の対ドル相場は4月に付けた高値から9%強、下落している。米国との貿易戦争が長期化するなか、景気下支えのため一段の元安を模索し始めた可能性がある。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報