2018年11月14日(水)

8月の経常黒字23.4%減 貿易収支は2カ月連続の赤字

経済
2018/10/9 10:41
保存
共有
印刷
その他

財務省が9日発表した8月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引を表す経常収支は前年同月比23.4%減の1兆8384億円の黒字だった。黒字は50カ月連続。原油高で輸入額が増え、貿易収支が2カ月連続で赤字になった。台風や地震など自然災害が相次いだ影響で旅行収支の伸びが鈍化した。

輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2193億円の赤字だった。輸入・輸出ともに伸びたが原油高で輸入の伸びが上回った。原油価格はドルベースで前年同月を約6割上回って推移した。輸出は中国向けの半導体製造装置などが伸びた。

輸送や旅行、金融といったサービス取引の収支を示すサービス収支は61億円の赤字だった。前年同月は177億円の黒字。自然災害の影響で、2桁の伸びが続いてきた訪日外国人観光客数が4.1%増にとどまり、旅行収支の伸びが鈍化した。

旅行収支については、クルーズ船で来日する訪日外国人観光客の消費額も把握が可能になったため、同収支への計上を始めたという。

企業の海外からの配当金や投資収益にあたる第1次所得収支は1.8%増の2兆2891億円で、8月としては過去最高になった。海外でのもうけを日本に戻さず子会社などの経営の原資にする「再投資収益」は4767億円の黒字で、単月として過去最高だった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報