文庫の解説を書く ノンフィクションライター 最相葉月

2018/10/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文庫の解説は誰が書くのか。著者の希望が優先されるが、編集者と著者が候補を挙げて相談することも多い。単行本を書評した人や、近いテーマで仕事している人。名著の復刊はとくに編集者の力の見せどころで、新たな読者だけでなく既読の人の再読も促す人選となる。書店の文庫コーナーは解説を眺めるだけで楽しい。意外な視点に出会うと思わず「解説買い」してしまう。

私が初めて書いたのは集英社文庫で、槇村さとるさんの漫画『…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]