/

丸亀城の石垣崩れる 香川、大雨影響か

8日午前10時15分ごろ、香川県丸亀市の丸亀城の石垣が広範囲にわたって崩落した。市教育委員会によると、9月30日の台風24号の際の大雨が原因になったとみられる。

石垣は老朽化が進んでおり、所々隙間ができていた。市は付近を立ち入り禁止にしていたため、けが人はいなかった。

崩落したのは、丸亀城の南西部に位置する「帯曲輪石垣」。高さ約16メートル、幅約18メートルの範囲が大音響とともに崩れ落ちた。8日朝、近くに住む人から「音がする」という通報が市にあり、駆け付けた職員の目の前で崩落した。

美しい曲線を描く石垣は観光パンフレットなどに使われている。天守閣や大手門は国の重要文化財。7月の西日本豪雨で、今回の場所とは別の石垣が崩落していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン