2019年7月17日(水)

ノーベル経済学賞に米2氏 途上国開発に大きな影響
専門家の見方

2018/10/8 20:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年のノーベル経済学賞はノードハウス氏、ローマー氏といずれも米国の経済学者に決まった。2氏の受賞の意義を専門家に聞いた。

坂井豊貴・慶大教授 ノードハウス氏は地球温暖化の問題が今日ほど注目されていない1970年代から、環境が経済成長に与える影響を分析してきた。主流でない研究を開拓するのは勇気が必要で、地球温暖化を経済モデルに組み入れることを可能にしたパイオニアだ。

炭素税の計算手法を確立し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。