2019年9月17日(火)

ノーベル経済学賞、受賞の条件は
米資本主義の学問的牙城 ゆがみ是正の処方箋に関心

2018/10/8 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年のノーベル経済学賞はウィリアム・ノードハウス氏とポール・ローマー氏が受賞することに決まった。1969年の第1回以来、今回で50回を数える歴史を飾ってきた学者たちと、受賞を逃した学者たちの違いはどこにあるのか。経済学にとって最も重要な研究テーマの一つで、今回、受賞したローマー氏の専門である経済成長理論を例にとり、受賞の条件を探った。

【関連記事】ノーベル経済学賞にノードハウス氏ら 「炭素税…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。