製薬11労組が新団体 UAゼンセン脱退、業種別に交渉

2018/10/8 1:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アステラス製薬や第一三共など国内11の医薬品メーカー・組織の労働組合が、10日に産業別労組を発足させる。流通・サービス業が中心のUAゼンセンを脱退し、2万7千人が参加する。雇用環境の違いが大きく、統一交渉に限界があると判断した。グローバル化などで業種ごとの市場環境が異なってきており、労組の再編が進む可能性がある。

参加するのはアステラスと第一三共のほか、エーザイ、中外製薬、塩野義製薬など10労組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]