損益分岐点6割台に 次の稼ぎ生む企業の「使う力」

2018/10/8 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業の「稼ぐ力」が高まっている。民間試算によると、4~6月期の企業の「損益分岐点比率」は統計をさかのぼれる70年代以後で初めて70%を下回った。これは売上高が現状より30%減っても利益が出ることを意味する。稼ぐ力の上昇に伴い、設備投資も拡大に向かう兆しが見えてきた。次は稼いだ利益をどう生かすか、「使う力」が課題になる。(竹内宏介)

「利益の使い方が設備投資にいかないと具合が悪い」。麻生太郎財…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]