/

他行へ振り込み、夜間・休日でも 9日から三菱UFJなど

全国銀行協会は9日午後、異なる銀行や信用金庫間などへの振り込みでも24時間・365日、すぐに送金できる新たなシステムを稼働させる。現在は平日午後3時以降や休日に振り込むと翌営業日に届く仕組みだが、より利便性が高まる。まず三菱UFJ銀行や三井住友銀行などが当初から参加する。

銀行間の振り込みは全国の金融機関をつなぐ「全銀システム」を経由している。いまの稼働時間は平日午前8時30分~午後3時30分までで、「他行への振り込みは午後3時まで」といった制約の理由となっていた。

新システムが稼働すれば、例えば電子商取引(EC)で夜間に銀行振り込みし、迅速な受け取りができるようになる。実際に即時送金できるかは、送金元と振込先の双方が対応していることが条件となる。

全銀協によると、当初は参加機関のうち9割以上が、平日・土日の少なくとも午後9時まで新システムに接続するという。給与や賞与の振り込みや1億円以上の大口送金は対象外としている。

みずほ銀行は2019年度上期まで、口座管理などを担う次期勘定系システムの移行作業を予定しており当初は参加しない。農林中央金庫も当初は参加せず、JAバンクなども対象外となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン