/

花火大会で見物客10人けが 茨城・土浦

6日午後6時半ごろ、茨城県土浦市の河川敷で開かれた「土浦全国花火競技大会」で、打ち上げ花火の一部が地上付近で破裂し、見物客の9~66歳の男女10人がやけどや擦り傷を負った。いずれも軽傷とみられる。

大会は強風のため、事故から約1時間後に中止になった。消防などによると、花火の一部が不発のまま落下したとみられるという。県警が詳しい経緯を調べている。

花火大会は午後6時から始まり、約2万発が打ち上げられる予定だった。会場近くの運動公園や商業施設の駐車場が発射場所になっていた。実行委員会の担当者は「けが人を出してしまったことは大変申し訳ない」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン