2019年7月22日(月)

築地のネズミどこへ… 市場閉場後も課題山積

2018/10/6 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

築地市場(東京・中央)は6日の閉場後、11日から解体工事が始まる。1935年の開業当時の面影を残す古い建物など、2020年2月までの工期で155棟が対象。解体時の課題となるのが、長年市場にすみ着いてきたネズミ対策だ。外に逃げ出さないよう、都などは封じ込めに躍起だが、近隣の商店や住民からは不安の声が上がっている。

鮮魚の切れ端などのエサが豊富で、身を潜める排水溝などのある築地市場はドブネズミやクマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。