/

EUが経済制裁検討 カンボジア、ミャンマーに

【ブリュッセル=共同】カンボジアの野党弾圧、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を受け、欧州連合(EU)のマルムストローム欧州委員(通商担当)は5日、両国産品輸入の際の関税優遇措置の停止を検討していると明らかにした。事実上の経済制裁に当たる。

欧州連合(EU)のマルムストローム欧州委員(通商担当)=ロイター

カンボジア側に同日、停止に向けた手続きに着手したと伝達した。ミャンマーには近日中に調査団を派遣し、実情を把握したうえで手続きを開始するか否かを決める。

マルムストローム氏はウィーンでのEU貿易相理事会後の記者会見で「われわれの貿易政策は(人権尊重や民主主義などの)価値観が基本にある。(価値観が)ひどく侵害された時は行動しなければならない」と述べた。

EUは、途上国の中でも特に発展の遅れた後発発展途上国(LDC)の産品の輸入関税を減免するなどして、各国の産業振興を後押ししている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン