2019年8月25日(日)

EUが経済制裁検討 カンボジア、ミャンマーに

2018/10/6 8:59
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=共同】カンボジアの野党弾圧、ミャンマーでのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を受け、欧州連合(EU)のマルムストローム欧州委員(通商担当)は5日、両国産品輸入の際の関税優遇措置の停止を検討していると明らかにした。事実上の経済制裁に当たる。

欧州連合(EU)のマルムストローム欧州委員(通商担当)=ロイター

カンボジア側に同日、停止に向けた手続きに着手したと伝達した。ミャンマーには近日中に調査団を派遣し、実情を把握したうえで手続きを開始するか否かを決める。

マルムストローム氏はウィーンでのEU貿易相理事会後の記者会見で「われわれの貿易政策は(人権尊重や民主主義などの)価値観が基本にある。(価値観が)ひどく侵害された時は行動しなければならない」と述べた。

EUは、途上国の中でも特に発展の遅れた後発発展途上国(LDC)の産品の輸入関税を減免するなどして、各国の産業振興を後押ししている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。