2019年6月16日(日)

プロ野球

小谷野と福良監督がラストゲーム オリックス

2018/10/5 23:29
保存
共有
印刷
その他

4回、本塁打を放った吉田正(右)を迎えるオリックス・福良監督=共同

4回、本塁打を放った吉田正(右)を迎えるオリックス・福良監督=共同

今季限りで引退するオリックス・小谷野の最後の打席は九回2死無走者で巡ってきた。グラウンドに出る前から涙が止まらず、最後はいい当たりの遊ゴロで16年間の現役生活に別れを告げた。試合後は「こみ上げていないです」と取材陣を和ませ、「緊張で何回吐いたか分からない。そんななかでこの達成感は今までに経験がない」と充実感をにじませた。

日本ハムコーチ時代からの付き合いの小谷野に師と慕われる福良監督も、この日が最後の采配。監督代行時代を含め3年以上指導してきたナインには「今年良かった連中は自信にして」と静かにエールを送った。球団は西村徳文ヘッドコーチの新監督就任を発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

DeNAに勝利し、お立ち台でポーズをとるソフトバンクの内川(左)と高橋礼(15日、ヤフオクドーム)=共同

【オリックス3―2阪神】オリックスが今季4度目のサヨナラ勝ちで3連勝。1―2の九回に安打と失策などで攻め、1死二、三塁から吉田正の中前打で同点。続くロメロが左翼に打ち上げて犠飛とし、勝負を決めた。阪神 …続き (15日 22:03更新)

ソフトバンク戦で7勝目を挙げたDeNA・今永(14日、ヤフオクドーム)=共同

【DeNA5―4ソフトバンク】DeNAは1―1の六回にソトの19号満塁本塁打で勝ち越し。今永は七回途中3失点で7勝目。ソフトバンクは松田宣の2打席連続ソロなどで4点を返したが、及ばず。千賀は6回5失点 …続き (14日 21:50更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]