2018年10月20日(土)

5G基地局争奪、サムスン先行 中国勢は出遅れ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ネット・IT
モバイル・5G
2018/10/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

現在の100倍の実効速度で通信できる次世代無線通信規格「5G」を巡る競争が本格的に始まった。前哨戦となる基地局の納入では、今月から米国の一部で始まった5Gの商用サービス向けで韓国のサムスン電子が主要プレーヤーとして台頭、競争をリードしつつある。これまで欧州勢や中国勢が主導してきた市場の構造が5Gにより大きく変わろうとしている。

「5Gを体験してもらうために2019年9月にプレサービスを始める」(

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報