「金融市長」に中曽氏、都が正式表明 国際派に託す

2018/10/5 21:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の小池百合子知事は5日、前日銀副総裁の中曽宏氏(大和総研理事長)を、東京を国際金融都市として売り込む「東京版金融メイヤー(市長)」に選んだと正式に表明した。知事の肝煎りの金融都市構想の実現に向け、国際金融で経験豊富な中曽氏に期待したい考えだ。

中曽氏が就くのは、都などが作る金融プロモーション組織のトップ。2019年度中に発足する。証券会社や銀行のトップらを率いて海外の市場関係者と交流。海外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]