/

横浜の金属加工など10社、高島屋横浜店に出店

横浜市内の中小金属加工業者など10社でつくるヨコハマメーカーズヴィレッジ(YMV)は期間限定の店舗を高島屋横浜店(横浜市)に設けた。ステンレスなどでつくった花瓶やジュエリーケースを販売する。これまでネット通販は手掛けていたが、店頭で売るのは初めて。金属加工の技術を生かし、消費者向けの物販事業に進出する。

店は家具のダニエル(横浜市)と共同で運営し、期間は16日まで。花を一輪挿せるブローチは4701円、花瓶は数万円から。YMV代表を務めるニットーの藤沢秀行社長は「1つの作品に3~4社の技術が関わり、製品力を高めている」と話す。

YMVは2015年に結成した。参加企業はもともと自動車部品などの加工を主力事業とする。横浜市内の中小企業の技術を広めるため、共同でインテリアなどの製造販売に乗り出すことにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン