2019年5月27日(月)

新潟県の国上寺、ネットの「炎上発言」供養するサイト

2018/10/5 23:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県最古の寺といわれる国上寺(燕市)が企画したユニークなサイトが注目を集めている。ネット上での「炎上発言」を供養する専用ページを2日に開設。交流サイト(SNS)での発言に批判が殺到した企業や個人が、同サイトから発言データなどを奉納できる。集まったデータは、寺が「今後炎上が起こらないよう供養する」という。

24時間年中無休で、無料で受け付ける。「炎上供養」の利用資格は、炎上した投稿者本人に限る。炎上発言をコピーしたデータや炎上投稿の画像・動画を、サイトの「アップロード供養」というボタンを押し奉納する。

7日に開かれる「柴燈大護摩(さいとうおおごま)火渡り大祭」では、供養したいコメントを書き入れた撫木(なでぎ)と呼ばれる木材を火にくべてたき上げる行事も開催する。

匿名でも発言できるSNSでは、個人や企業の発言に批判が集まるケースが増えている。国上寺では「現世の災難でもある『炎上』を供養する」という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報