2019年6月27日(木)

催事場など無償貸し出し 高知大丸、高知市などと連携

2018/10/5 19:55
保存
共有
印刷
その他

高知大丸(高知市)は、連携する自治体や教育機関に店内の催事場やイベントスペースを無償で貸し出す取り組みを始める。5日にまず高知市と連携協定を結んだ。地域や産業振興に市中心部の立地を生かしてもらい、店側も話題づくりを通じて集客力を高める。

協定を結んだ千代社長(右)と岡崎・高知市長(5日、高知市の高知大丸で)

取り組みは「高知経済ナレッジ発信ネットワーク」と称して、順次連携先を拡大する。高知市を最初に、高知県や高知大学、高知工科大学などの教育機関、土佐経済同友会といった経済団体とも協定を結ぶ予定だ。

東館6階の約200平方メートルや本館1階のイベントスペース約30平方メートルなど6カ所を貸し出し対象とする。期間や使用面積は協定先と調整するが、本館5階の催事場は、自社の催事が多いため単発でのイベント受け入れが中心になる。

地域おこしイベントや各種相談会を想定する。地場産品のフェアや学生による物販などもできる。高知大丸はイベントの告知などの情報発信でも協力する。

同日、協定を結んだ高知市の岡崎誠也市長は「大丸周辺は市中心部の核。ソフト面で様々な生かし方がある」と期待。高知大丸の千代達洋社長は「百貨店がスペースを無償で貸し出すのは全国的にもめずらしいが、新しいコトを起こしていく必要がある」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報