「内定式」は、苦い記憶を呼び起こす 鈴木幸一 IIJ会長

(1/2ページ)
2018/10/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

およそ、すべてのこと、それが異常事にしても、すぐに慣れてしまうようだ。毎週末、強い台風が襲うようになっても、驚かなくなる。子供の頃は、台風に襲われると、すぐに停電となり、仄(ほの)暗く揺れる蝋燭(ろうそく)の明かりを前に、激しく雨戸を叩く雨や風の音に怯えながら、ラジオの台風情報に耳をそばだてていたのだ。ちいさな木造家屋にいた時代、台風は本当に怖い自然の脅威だったのだが、鉄筋の集合住宅に住み始める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]