ビル・ゲイツ氏、論文公開で世界主導
論文は誰のものか

2018/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「迅速性、透明性のある出版物です」。学術論文を公開する英文サイト「ゲイツオープンリサーチ」を開くと、こんなうたい文句が目に入る。

運営するのは米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ夫妻による「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」。サイトを開設した2017年に数百人の研究者を助成し、その論文をサイトで公開している。

論文をただ載せるのではない。学術誌を発行する出版社の「専売特許」だったはずの論文の評価機能も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]