2018年11月16日(金)

英蘭ユニリーバ、本社一本化を撤回 株主の反対で

サービス・食品
ヨーロッパ
2018/10/5 18:31
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=篠崎健太】食品・日用品世界大手の英蘭ユニリーバは5日、オランダへの本社一本化を取りやめると発表した。英国とオランダにそれぞれ本社を置く二重構造を解消して経営効率を高める狙いだったが、複数の大手機関投資家が反対を表明していた。10月25~26日に予定する株主総会で必要な賛成票を得られるか不透明になり、撤回に追い込まれた。

同社は現在、英ロンドンとオランダ・ロッテルダムの2カ所に本社を置いている。意思決定の迅速化などを図るためとして3月、オランダ側に本社を統合すると発表した。英蘭双方での株式上場は維持する方向だった。

これに機関投資家が反発。本社を移すと英国の主要株価指数「FTSE100」から除外され、機械的な売りを迫られるなど弊害が懸念されるためだ。英メディアによると10月に入り、英シュローダーズや米コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツら主要株主が反対の意向を固めた。英側の株主総会で必要な75%以上の賛成票の獲得が危うくなっていた。

ユニリーバは「かなりの株主から支持が得られないと分かり、撤回が適切だと判断した」との声明を出した。2本社制の解消が企業価値向上の加速に資するとの考えは変わらないとし、株主との対話を続けながら今後の対応を検討する方針を示した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報