/

この記事は会員限定です

スルガ銀に行政処分 低金利・人口減で地銀は苦境

[有料会員限定]

審査書類の改ざんや不要な商品の抱き合わせ販売、反社会的勢力への融資。金融庁の指摘には、信用が生命線の銀行とは思えない内容が並ぶ。顧客保護や法令順守を軽視する姿勢は当然、自らに跳ね返る。一方で地域金融機関は超低金利の長期化や人口減少による収益機会の減少に苦しむ。不正は許されないが、スルガ銀が直面した課題は他の金融機関にも同じだ。

「取ってはいけないリスクを取らなければ、異常な利益は稼げないということだ」。あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン