/

この記事は会員限定です

東芝テック、ロボットとデータが開く東芝再建の道

証券部 浜岳彦

[有料会員限定]

コンビニなどで使うPOS(販売時点情報管理)レジで世界シェア首位の東芝テックが、POSデータの活用とロボット開発を加速している。強みのデータ解析を応用して、まずはスーパーの店内を見回り商品の値段設定などを確認するロボットの実用化を目指す。スマートフォン(スマホ)決済に関わる最新の技術も持ち「決済革命」での役割の大きさに投資家の関心が高い。株価はじわりと上昇基調。親会社である東芝の再建にも重要な役割を果たすことに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン