2018年12月11日(火)

本庶氏にノーベル賞、がん免疫療法で 日本で26人目

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自然科学分野の2018年のノーベル賞を受賞する科学者が出そろった。生理学・医学賞は、京都大学の本庶佑特別教授が米研究者と共同受賞する。がん細胞が、体に備わる免疫を逃れている仕組みを解明し、新しい治療薬の実用化に道を開いた成果が評価された。物理学賞は、レーザーの新しい応用開発に功績のあった米国とカナダの3人の研究者に決まった。1人は女性で、物理学賞では63年の受賞者以来3人目だ。また化学賞は、生物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報