2018年10月22日(月)

10/22 19:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,383,995億円
  • 東証2部 90,520億円
  • ジャスダック 100,710億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.17倍14.42倍
株式益回り7.05%6.93%
配当利回り1.72% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,614.82 +82.74
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,630 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月22日(月)14:18

官房長官 携帯電話事業「寡占なくさないといけない」[映像あり]

ドコモショップ予約制に 長い待ち時間を政府が問題視

10月22日(月)13:05

[PR]

スクランブル

フォローする

金利高時代に負けない株 還元強化が焦点
証券部 須永太一朗

2018/10/5 17:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5日の日経平均株価は3日続落した。米長期金利が約7年ぶりの高水準に上昇し、景気への負の影響を警戒する売りが日米の株式市場に広がった。さらなる金利の上昇は株式の配当利回りとの差を広げ、株式投資の魅力を下げることになる。債券と比べて株式が見劣りしない金融商品とみなされるには、増配など株主還元を強化し、配当利回りでの評価を一段と高められるかが焦点となる。

この日の日経平均は前日比191円(0.8%)安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム