スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

相撲からSUMOへ 国技支えた外国人 平成の30年
異文化と格闘 伝統の意義探る

(1/2ページ)
2018/10/6 6:30
保存
共有
印刷
その他
 あらゆる分野でグローバル化が進んだ平成の時代。変わらないことを是としてきた伝統の大相撲も例外ではなかった。ハワイ、モンゴル、欧州と世界中から集った若者は、ときに異文化と軋轢(あつれき)を生みながらも「国技」の屋台骨を担う存在となった。文字通り、相撲はSUMOへ変貌を遂げたのだ。

両国国技館で行われた9月の秋場所も15日間「満員御礼」と活況が続く大相撲。館内をにぎわすのは女性客、そして外国人客だ。場内で販売されるパンフレットは昨年から日本語と英語が併記されている。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「英語の取組表の配布状況からすると、全体の1割くらいは外国人のお客さんでは」と見る。この5年で客層は大きく変わった。

土俵の上も平成に入って一気に国際色豊かになった。昭和も元関脇高見山や元大関小錦(ともにハワイ出身)ら活躍した外国人力士はいたが、平成は桁違い。関取に昇進した外国出身力士は昭和(戦後)の5人に対して平成は61人。秋場所で42人いる幕内力士のうち外国出身は約2割の9人で、看板力士の横綱・大関は6人中3人だ。大関以上が全員外国出身という時期も幾度かあった。

曙、武蔵丸のハワイ勢に始まり、朝青龍、白鵬をはじめとするモンゴル旋風。ブルガリアの琴欧洲ら欧州出身力士も賜杯を抱いた。外国人の入門制限があるなか、平成の178回の本場所(11年5月の技量審査場所を含む)で、外国出身力士の優勝は111回と6割を超す。「若貴」から稀勢の里が19年ぶりに日本出身の横綱になるまでの間、外国出身力士が常に主役だった。彼らの存在抜きに平成の大相撲は語れない。

「土俵には金が埋まっている」。そう言ったのは昭和の名横綱、初代若乃花だが、ゆとり教育の日本の若者に代わってジャパニーズドリームは世界の若者をひき付けた。日本人の入門者が減り続けるなか、レスリングや柔道など格闘技の盛んなモンゴル、旧ソ連諸国から海を渡ってやってきた。アマチュア相撲の国際的普及も後押しし、親方衆もスカウトの目を海外に広げた。朝青龍は高知・明徳義塾高校に相撲留学してプロの道に進んだ。

元大関魁皇の浅香山親方は、幕下時代の朝青龍のギラついた姿が脳裏に焼き付いている。「関取のときに稽古したら負けん気が強かった。負けても『もう一丁お願いします』と何度も立ち向かってくる。あれだけ稽古すれば強くなると思った」

多くの外国出身力士は異国の地で日本語や食生活に苦闘し、時に泣きながら貪欲に稽古に励んだ。巡業で土俵を独占する姿もよく見られた。浅香山親方は「外国人力士は普通の日本人力士の3、4倍くらい稽古していたのではないか。国のため、家族のためという思いがすごく強く、すごく尊敬できた」と話す。巨漢の小錦が「黒船」と呼ばれたのも昔の話。今では、日本人力士に劣らぬ大声援が外国人力士にも送られる。

猛稽古とハングリー精神で出世階段を駆け上がる外国人力士たち。一方で、スピード出世は付け人としての下積みや角界のしきたり、秩序を学ぶ時間を素通りしてしまう一面もあった。

その結果が相次いだ外国人力士のトラブルだ。朝青龍は巡業休場中のサッカー騒動や暴行問題で引退に追い込まれた。大麻所持での逮捕や無免許運転で角界を追われた力士もいる。昨年も元横綱日馬富士の暴行問題で大騒ぎとなった。派手なガッツポーズや勝負がついた後のダメ押し、横綱の張り差しなど、昭和の土俵にはなかった振る舞いも「相撲とは」という自問を提起したといえる。

こうした異文化との格闘が、親方衆ら関係者を鍛えた面もあるだろう。時代の変化を受容しながらも、守るべきものは守るということを。

そして、今や外国出身力士が日本国籍を取得して師匠となることも珍しくなくなった。この5年でも元横綱武蔵丸の武蔵川親方、元関脇旭天鵬の友綱親方ら3人いる。その一人、昨年4月に部屋を興した元大関琴欧洲の鳴戸親方は「礼儀や基礎の稽古とか、いいものを残しながら変えている」と新しい風を吹かせている。

相撲部屋では力士は一律に同じ稽古をするのが定番だが、鳴戸部屋は力士の能力に応じて個別に稽古することが珍しくない。四股や腕立て伏せなどのノルマもバラバラだ。食事は番付が高い順に食べることが角界の常識だが、鳴戸親方は新弟子時代にちゃんこが兄弟子に食べ尽くされ、白飯しか残っていなかった苦い過去がある。だから、鳴戸部屋では師匠と弟子が一緒に食事を取る。不公平感をなくすだけでなく、栄養バランスや食べる順番など細かく弟子に指導する。

秋場所時点で部屋の力士は三段目を筆頭に8人と小所帯。鳴戸親方は「(ブルガリア出身だから日本に)地元もないし、新弟子を集めるのは本当に大変」とこぼしながらも、表情は生き生きとしている。「でも、やりがいがあるし夢がある。弟子が場所で勝ったときが一番うれしいね」。国際化が進もうが、円い土俵に夢を見る姿は、いつの時代も変わりはない。

(金子英介)

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は14日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。幕下以下の感染者については、個人情報保護の観点からしこ名、所属部屋名を公表していない。
 この力士は10日夕に体調を崩 …続き (14日 21:00)

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、力士全員に実施予定の新型コロナウイルス感染歴などを調べる抗体検査を17日から開始すると明らかにした。同検査は大相撲7月場所開催への活用のために5 …続き (10日 18:58)

秋場所に向けた稽古を再開した照ノ富士(10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋)=共同

 大相撲7月場所で5年ぶりの復活優勝を遂げた元大関の幕内照ノ富士が10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けた稽古を再開した。書面での取材に応じ「とにかく今、できる …続き (10日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]