/

この記事は会員限定です

自民改憲案、公明党と事前協議見送り 9条改正など4項目

[有料会員限定]

自民党は党の憲法改正案について、今月下旬に召集予定の臨時国会で、衆参両院の憲法審査会での「提示」にとどめる構えだ。連立を組む公明党と事前に協議せず、発議を前提とした原案の国会提出は見送る。まずは憲法審査会で条文案を示し、党の姿勢を説明することで改憲に向けた安倍政権の意思を示す考えだ。主要野党は改憲案を説明すること自体に反対している。

自民党は3月、党憲法改正推進本部で4項目の条文案をまとめた。憲法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン