/

この記事は会員限定です

「データ総合戦略」不在 海賊版ブロッキングの混迷

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

憲法改正に動く首相の安倍晋三の足元を、思わぬ憲法論争が揺るがす。インターネット上の漫画などの海賊版サイトから著作権者らの利益を守るため、政府の知的財産戦略本部は利用者の同意なしでのサイトブロッキング(接続遮断)の法制化を急ぐ。これに憲法が保障する「通信の秘密」を侵しかねない、と異論が噴出。内閣改造を挟んで混迷が続く。浮き彫りになるのは世界のデータ覇権争いを見据えた総合戦略の不在だ。

有識者会議で賛否真っ二つ

論争の表舞台は、知財戦略本部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3008文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン