/

この記事は会員限定です

ROEとの差、株高銘柄探すカギに ZOZOが首位

投資の物差し 資本コストを学ぶ(中)

[有料会員限定]

株主には投資先の企業に期待するリターンがあり、企業は実際の成績でその期待に報いる必要がある。その際の実績が自己資本利益率(ROE)で、期待利回りが株主資本コストだ。両者の差は「エクイティスプレッド」と呼ばれ、大きいほど中長期的な株高につながりやすい。

日本経済新聞は青山学院大学の高橋文郎教授の協力で主要企業の株主資本コストを推計し、今期の期初予想ROEと比べた。その結果、スプレッドの1位はZOZO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン