2019年8月22日(木)

リベロの視点

フォローする

大坂なおみは多様性の象徴 国籍超える豊穣な魅力
スポーツコメンテーター フローラン・ダバディ

(1/2ページ)
2018/10/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

女子テニスの大坂なおみを初めて知ったときのことは忘れられない。4年前の朝、ふと読んだ日本のスポーツ紙で「大坂」という16歳の日本人女子選手が時速190キロのサービスでトップ選手のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を撃破したという記事を見つけた。

190キロである。僕はにわかに信じられなかった。いったいどこにこんな選手がいたのだろう。テニス関係者に問い合わせると、こんな答えが返ってきた。「ああ、大坂ですか。彼女は純粋な日本人ではありません。日本語もほとんど話しませんよ」

強力なサービスが大坂の武器の一つ=ロイター

強力なサービスが大坂の武器の一つ=ロイター

正直なところ、日本テニス界のこうした排他主義には驚かなかった。大坂なおみが異国育ちであるのは紛れもない事実だ。先日、カナダ代表として柔道の世界選手権で銅メダルを獲得した出口クリスタのように、多くのハーフのアスリートは日本で教育を受けている。けれども大坂はニューヨーク育ちだ。家では母親の環さんに日本流のしつけを受けていたとしても、いまの住まいもフロリダだし、ハイチにもルーツを持つ。日本ではあまり報じられなかったが、全米オープンで優勝した週末にはニューヨーク市内の有名なハイチ料理店で父方の家族や友人と祝杯を挙げている。

「喜んでハイチのためにも…」

大坂のハイチ・クレオール語は日本語以上に心もとないけれど、半年ちょっと前にはハイチを訪れ、記者会見に臨んでいる。昨年10月にはハイチテニス協会会長のジュニオール・エティエンヌがジュニアのトップ選手を招き、大坂を囲む盛大なパーティーを開いた。その席で彼女は控えめな笑みを浮かべ、こう述べている。「日本ではハイチは小さな(貧しい)国だと聞かされていました。でもそれは本当ではありませんでした。私は美しいハイチとその文化が大好きです」。大坂はさらに続けた。「私は皆さんと同じハイチ人だと感じています。(日本と同じように)この国のためにも喜んで大使として働きたいと思っています」

過去、ハイチから生まれた著名なテニス選手といえば1989年の全仏オープン準々決勝でマイケル・チャンと対戦し、最高ランキング22位までいったロナルド・アジェノールぐらいしかいない。大坂はまさにハイチが必要としていたヒロインといえる。2010年のハイチ地震では、お父さんのレオナルドさんが生まれた村の住民の7割が犠牲になった。彼女がスター街道を歩めばハイチにテニスセンターを建てたり、フロリダに住む恵まれないハイチ移民の子どものために学校を開いたりすることもできるかもしれない。大坂の活躍は試練続きのハイチに勇気と希望を与えるだろう。

もちろん大坂は日本スポーツ界の"大使"でもあり、東京五輪での活躍も期待されている。今後2年間、熱狂するメディアの取材攻勢を不安視する声もあるが、彼女自身、注目や名声は嫌いではない。日本メディアの記者会見にも慣れてきたようだし、取材する側も彼女の少し変わったユーモアを理解し始めている。報道陣を笑わせられれば、それだけで会見は成功したようなものだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

テニスコラム

電子版トップスポーツトップ

リベロの視点 一覧

フォローする
全仏テニスの大坂は高鳴る心臓の鼓動が聞こえてきそうなほど緊張していた=共同共同

 今年もテレビ中継のキャスターとして全仏オープンテニスに行ってきた。様々なドラマが生まれた15日間を振り返ってみたい。
 四大大会3連勝を狙いながら3回戦敗退に終わった大坂なおみは自分を見失っていた。足 …続き (6/16)

大坂は創造力豊かな現代っ子でもある=共同共同

 テニスの全豪オープンで四大大会連覇を果たした大坂なおみ(日清食品)はコートの内外を問わず、意表を突くのが大好きだ。眠たげなワニといっては言いすぎだが、目を細めて周囲の様子をうかがっている彼女は抜け目 …続き (2/3)

強力なサービスが大坂の武器の一つ=ロイターロイター

 女子テニスの大坂なおみを初めて知ったときのことは忘れられない。4年前の朝、ふと読んだ日本のスポーツ紙で「大坂」という16歳の日本人女子選手が時速190キロのサービスでトップ選手のサマンサ・ストーサー …続き (2018/10/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。