専門職大、19年新設は1校のみ 申請17校も「準備不足」

2018/10/5 12:00
保存
共有
印刷
その他

大学設置・学校法人審議会は5日、2019年度に始まる新たな高等教育機関「専門職大学」「専門職短大」について、申請があった私立17校のうち19年度は高知リハビリテーション専門職大(高知県土佐市)1校の新設を認めるよう答申した。2校を保留とし、14校が申請を取り下げた。

専門職大などは19年4月施行の改正学校教育法で設置が可能になる。IT(情報技術)など成長分野で即戦力となる人材の育成が狙いで、実務経験のある教員を多く任用。インターンシップ(就業体験)を組み込むなど実践的な職業教育を行う。

設置審は申請のあった17校のうち新設が1校にとどまった理由について「総じて準備不足と感じた。実習の実施体制、大学教育としての内容、施設や設備の面などで課題がみられ、社会的使命を十分に果たすとは認められないものが多かった」とするコメントを発表した。

高知リハビリテーション専門職大はリハビリテーション学部を置き、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学の3専攻を設ける。

大学制度に新たな教育機関が加わるのは1964年の短大以来で約半世紀ぶりとなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]