「次のクルマをつくるのも我々だ」ダイムラー社長退任

2018/10/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19世紀にガソリン四輪車を発明した老舗、独ダイムラーのディーター・ツェッチェ社長が来年、社長から退く。12年以上にわたる在任期間はダイムラーの浮沈にとどまらず、自動車業界の変革期とも重なる。規模を追う再編から距離を置きながら、新車販売だけに頼らないサービスなど新機軸も打ち出してきたツェッチェ氏。順調に見える花道の先には難題も残る。

■最初の任務は前任者の後始末

ツェッチェ氏がダイムラークライスラー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]