/

この記事は会員限定です

20年前から逆転 トヨタ、ソフトバンクに頼る配車連合

[有料会員限定]

トヨタ自動車ソフトバンクグループが次世代の移動サービス分野で提携した。トヨタは自動車の世界販売1000万台で首位を競ってきたが、車が人工知能(AI)や高速通信で大量のデータとつながり、米グーグルの完全自動運転車サービスなどで移動革命が起きつつある。車メーカーが「主役」で居続ける時代は終わり、移動サービス事業への転換を迫られた。異業種のソフトバンクの経営資源と刺激を選び大競争に向かう。

豊田課長と孫氏、20年前の縁

「マジかと2回思った」。4日の記者会見で、ソフトバンクグループの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン